*

卒部コメントvol.8 チーフトレーナー 大島菜苗

卒部コメント第8弾は、チーフトレーナー 大島菜苗です。

新歓でチームの雰囲気と、四年間一つのことに打ち込むことへの魅力に引かれ、実際にアメリカンフットボールを観戦しその熱さに胸を打たれ、私はレイバンズへの入部を決めました。思い描いていた大学生活とは全く異なる私の四年間でした。レイバンズに入部し、一つのことに打ち込むこと、仲間とのぶつかり合い、信頼、全てが本気だからこそ生まれるもので、ここでしかできないことを沢山経験しました。スタッフとして一歩引くことなく、一部員として選手やコーチの方々と対等に、チームの勝利について考え、意見を言える環境を作って下さったことにとても感謝しております。本気で『全勝』を掲げ取り組んだ最後の一年は、何度も自分の存在意義に悩みました。スタッフである私たちは、どんなに考えて取り組んだとしても、明確な結果は見えません。今のままでいいのか、トレーナーが、私が、チームに何を貢献しているのか、自問自答して一年が過ぎました。結果は目標とは程遠い三勝でした。まだまだ考えられたこと、出来たことはあったと思います。ただ、勝利した時の言葉に表せない嬉しさ、負けた時の悔しさは今でも鮮明に覚えています。一部という晴れ舞台で戦えた事を、とても誇りに思います。この四年間のレイバンズでの経験は、私にとってかけがえのないものです。関わって下さった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからも色々な事に挑戦して行こうと思います。
現役のみんなへ。はじめに、チーフとして一年間至らない点は多々あり沢山迷惑かけて、それでも温かく見守ってくれて本当にありがとう。レイバンズでアメフトに打ち込むことができる時間は限られていて、あっという間に終わってしまいます。目の前のひとつひとつにこだわった先の勝利は、この上なく嬉しいと思います。不安な事、しんどい事、沢山あると思いますが、今しかないこの時間を思いっきり楽しんで下さい。これからのトレーナーユニットにも期待しています。チームのために自分たちは何ができるのか、一部員として勝ちにこだわり、考え続けて、チームに勝利を導いて下さい。これからもずっと応援しています。
最後になりましたが、コーチの方々、OB・OG会、後援会、保護者、ファンの皆様、私たちがこうして、学生主体という形の中でアメフトに打ち込めておりますのは、本当に皆様のご声援があってこそです。心より感謝申し上げます。今後とも変わらぬご支援、ご声援を宜しくお願い致します。

2018年度チーフトレーナー 大島菜苗



«