*

オンラインショップ限定新グッズができました!

〈着用例〉

オンラインショップ限定で新グッズを販売します!
LUCK JACK × 神戸大学レイバンズ コラボ コットンロングTシャツ(ホワイト×ブラック、ブラック×ホワイト) 各4200円(税込)

詳しくは下のリンクを押してご覧ください!
http://studio21.shop8.makeshop.jp/shopdetail/000000003437/ct121/page1/order/

卒部コメントvol.3 オフェンスリーダー 法貴俊哉

 アメフトのことをよく知らず、長い受験勉強から解放され、華のキャンパスライフを送ることを決心していた自分が、なぜレイバンズというゴリゴリの体育会系に入ったのかは今でははっきりと覚えていません。ただシンプルに先輩方がかっこよかったというのもあるでしょうし、友達が入部していたということもあったかと思います。入部した理由などどうでもいいと思うほど、この4年間は密度の濃いものでした。
 2部からスタートした1年生でしたが、何が何でも1部に舞い戻るという先輩方の気迫に終始気圧されていた1年だったと記憶しています。練習では毎日怒号が飛び交い、入れ替え戦前のハドルでは当時のオフェンスリーダーが涙しながらメンバーを鼓舞している姿を見て、憧れよりもそれほどまで行動に移せるのは何故なのだろうという気持ちの方が大きかったと思います。その疑問の答えは入れ替え戦勝利後に、全員が号泣しながら喜んでいる姿を見て納得しました。自分も全てをかける価値があると決心しましたし、何もしていない自分がその場で泣けないことに無力感と悔しさを感じました。
 チームの勝利に貢献したいと意気込んでいた2、3年生でしたが、実力の伴わない2年間でした。面倒見のいい先輩に恵まれ、試合に出たいという気持ちは強く持っていたものの、どこか頼ってしまっている自分がいる、そんな中途半端な状態で最終学年を迎えました。
 オフェンスリーダーを務めた今年は不安と緊張感とイライラが常に頭の中に存在していた1年でした。自分の行動や言動が適切なのかいつも不安でしたし、うまくいかないことばかりで、リーダーとして常に前向きで、負の感情をコントロールして行動することに必死でした。そんな中で春シーズンを迎えようとした時に新型コロナウイルスによって部活ができなくなりました。対面での練習が約5ヶ月できない中で、とにかく前向きにチームが少しでも進むためにできることを探しました。本当に不恰好で頼りないリーダーでしたが、負の感情を抱えながらも、1年間前向きにもがき続けたことは1つ胸を張って言えることだと思います。
 現役のみんなへ。掲げた目標を達成できずに引退した人間が言えることとかないけど、この1年頼りないオフェンスリーダーに付いてきてくれたことは本当に感謝しています。遠いグラウンドまで何回も通って練習したこととか、不満が出てもおかしくないことでも、特別なシーズンと理解してしっかり取り組めたからここまでこれたと思います。これからも不利なことや理不尽なことと対峙しなければいけない場面はたくさんあると思うけど、その困難を乗り越えられるのがレイバンズというチームだと思います。応援しています。
 このような大変な状況下で、秋シーズン開催に尽力してくださった全ての関係者の方々には、感謝してもしきれません。また、社会人コーチの方々やオフェンスコーディネーターの二見さんは、僕たちと同じ目線で本気で関わってくださいました。特に今年、二見さんには本当にお世話になりました。大した取り柄もない平凡なQBでしたが、信じて使い続けてくれたことに感謝しています。今年は無観客試合で選手としても非常に寂しいものがありましたが、変わらぬ寄付やMIP投票などで応援されているという実感が確かにありました。レイバンズで過ごした4年間は間違いなくかけがえのないものでした。4年間、本当にありがとうございました。

卒部コメントvol.2 主務 久後菜摘

2020年度主務を務めさせていただきました、久後菜摘です。2020年は予想もしていなかったことが起こり、異例のシーズンとなりましたが、例年以上にたくさんの方々に支えていただきました。12/5の試合で無事に引退することができたこと、本当に感謝しています。
私のレイバンズの4年間は、苦しいこともありましたがその分とても充実していました。入学当初は部活動をする予定はなかったのですが、新歓でレイバンズの明るい雰囲気やキラキラした先輩に憧れて、マネージャーになることを決意しました。私は高校でもバスケ部のマネージャーをしていたのですが、その時とは比べ物にならないほど、マネージャーとしての役割がたくさんあることを知り、驚くと同時にとてもやりがいを感じたのを覚えています。また下回生の頃から、チームを主導する主務という役割に少し憧れを抱いていました。3回生になるとフラッグフットボールの活動など自分が主体となって取り組む仕事も増え、より責任感が芽生えました。そしていざ主務に就任すると、そう簡単にうまくはいかず、自分の未熟さに失望することも多々ありました。選手とはぶつかることも多々ありましたが、その分気づかされることも多く、仲間と本気で向き合えたことはとても貴重な経験だと感じています。そして特に、どんな時でも近くで支えてくれたマネージャーの同期2人には、本当に感謝しています。今年は新型コロナウイルスの影響でイレギュラーなことばかり起こり、困難な1年ではありましたが、周りの人々に恵まれていたおかげでなんとか引退の日を迎えることができました。目標の日本一を達成することはできませんでしたが、最後の日まで部員みんなで全力で駆け抜けることができたことを私は誇りに思います。
現役のみんなへ。いつもふざけてて頼りない主務だったと思いますが、1年間ついてきてくれてみんな本当にありがとう!コロナの影響もあり、新2回生とは関わる機会が極端に少なく、何も残せてあげられなかったのが心残りです。来年の春や秋シーズンもどうなるかわからない状況で不安が沢山あると思うけれど、いつでも前を向き続けることを忘れずに頑張って欲しいです。そしてマネージャーのみんなへ。どんどん人数が減っていて一人一人の負担が増えてしまうことが心配だけど、みんなで協力し合って辛いことも乗り越えてほしいと思います。今まで以上に男子マネージャーが増えていることは強みだと思うので、期待しています!!
そして最後にはなりましたが、今までレイバンズに関わってくださった全ての人々に心から感謝申し上げます。社会人コーチの方々には、ご迷惑をおかけすることも多々あったかと思いますが、いつもアドバイスや激励のお言葉をいただきありがとうございました。そして、後援会、OB・OG会、ファンクラブの皆様にはたくさんのご支援ご声援をいただきました。コロナ禍で活動ができない時期にも、応援のメッセージを多数いただき、本当に心の支えとなっておりました。今後も神戸大学レイバンズを何卒宜しくお願い申し上げます。
2020年度主務 久後菜摘

卒部コメントvol.1 主将 杉野太郎

本日より昨年度引退した4回生を代表して5人からのコメントをお送りして参ります。
第1弾を飾るのは、DL#44 主将の杉野太郎です。

2020年度主将の杉野太郎です。引退した今レイバンズで過ごした4年間を振り返ってみようと思います。
入部のきっかけは、あまり覚えてはいません。雰囲気が楽しそうだったからなんとなくで入部を決めました。そしてその時はレイバンズは2部リーグで1部を目指していて、自分もその力になりたいと筋トレを死ぬほどしたのを覚えています。レイバンズは1部リーグに見事昇格しましたが自分は1度も試合に出られないままシーズンが終わりました。今覚えば1年生の未経験の選手が秋シーズンの試合に出られないことは当然と言えば当然なんですが、当時の僕はとても悔しい思いをしていたことを覚えています。
2年生になりDLの先輩方が卒部しDLが少ないこともあって初めて春、秋シーズン両方ともスタメンになりました。初めての試合の相手はエレコムさんでした。サイズの違いや自分の技術の無さなど、足りない部分がありとても不安になりました。秋シーズンで試合する1部リーグの選手達との差がとても大きいものだと実感したからです。その不安を取り払うために技術や筋トレを今まで以上に頑張りました。そして迎えた秋シーズンではとにかくミスをしないようにしようと努力しました。ただこれが間違いだったと今では思います。ミスをしないように縮こまって安全に試合をこなすのは正直難しいことではありません。でも、ビックプレーを起こすことはできません。しかもアメフトやっててもそれでは面白くないです。アメフトはビックプレー起こしてなんぼ、楽しくてなんぼやと今では思います。平均的な選手よりも何か起こしてくれそうな選手に僕はなりたかったのでそれ以降は攻めた結果のミスはOKにしました。その結果、アメフトも楽しくなりサックもできるようになりました。この攻め続ける姿勢が何よりも試合中は大事だと学んだのが2年生の秋でした。
そして、3年生の秋。上回生になり自分の事だけでなく後輩やチームのことを考えられるようになり、去年上位校と試合した経験もあってやっと日本一を目指す自覚が生まれました。このシーズンはレイバンズも関西3位、初の全国大会に進出し負けはしましたが僕もサック王になり充実したシーズンを送れました。
最終学年で主将になりチームを背負う重圧やスローガンを体現すること、人を率いて行くことの難しさに悩まされました。また、今年はコロナで部活動休止や遠隔での部員達のトレーニングの管理など今までになかったことがたくさんありました。しかし、そのおかげかたくさんの人たちとぶつかり合いたくさんの人たちに支えられた1年だったと思います。しかし、結果は1勝2敗でシーズンを終え目標には遠く及ばず。やり方がもっとあったのではないかととても悔しい思いをしています。
後輩達へ、俺の考え方を一言で表すなら結果こそが全て。俺は最後の最後で結果を出せなかったので正直カスです。反面教師としてぜひ来年に活かして貰いたい。何でこんなことを言ったかというと日本一をとる以外に後悔の残らない終わり方なんてない。だからこそ結果にこだわってほしい。でも、もちろんいい過程を踏むことも大事、だけどそこに囚われたらアカンと思う。是非日本一取ってください。
応援してくださった方々へ。
この1年間のたくさんのご声援やご支援いただき本当にありがとうございました。
残念ながら試合会場には足を運んでいただくことはできませんでしたが、応援してくださっている気持ちがあるだけで勇気がでました。
これからのレイバンズも日本一を目指していくと思うので応援よろしくお願いします。

サプリメント類・健康⾷品の寄付に関してのお願い

皆様には平素より多⼤なるご⽀援、ご声援を頂き、レイバンズ⼀同深く感謝申し上げます。
中でも⾝体作りが基本となるアメリカンフットボールにおいては⾷品やサプリメント類などの寄付にはとても助けていただいております。
今回は「サプリメント類や健康⾷品をご寄付いただける皆様」へのお願いになります。

私たちが加盟する⽇本アメリカンフットボール協会は「ドーピング検査」を有する試合が2試合(甲⼦園ボウル・ライスボウル)あります。
「ドーピング」とは「スポーツにおいて禁⽌されている物質や⽅法によって競技能⼒を⾼め、意図的に⾃分だけが優位に⽴ち、勝利を得ようとする⾏為」(公益財団法⼈ ⽇本アンチ・ドーピング機構 H P より引⽤)のことで、ドーピング検査はそのような⾏為が⾏われていないかどうかを尿や⾎液の採取によって確認するものです。
⽇本アメリカンフットボール協会に所属し、競技アスリートとして神⼾⼤学レイバンズで活動する以上、選⼿⼀同「アンチ・ドーピングの精神」を持ち、「スポーツにおけるフェア、スポーツの価値を守る」ことに貢献したいと考えております。

しかし近年、サプリメントの「コンタミネーションによるドーピング違反」が頻発しており、スポーツ界で⼤きな問題になっています。
「コンタミネーション」とは、本来原材料に含まれていないはずの禁⽌物質が何かの拍⼦に紛れ込んでしまうことをいいます。この問題は決して他⼈事ではなく、「⾝体作り」のためにプロテインやビタミン剤などを補給している私たちにもいつ降りかかってくるかわからない、⾮常に⾝近な問題であるといえます。

そこで皆様にお願いがあります。
神⼾⼤学レイバンズでは「意図しないドーピング違反」のリスクを最⼩限にするため、「信頼のおける認証機関によってアンチ・ドーピング認証プログラムを実施し、認証を受けている商品のみを摂取する」という取り決めを致しました。それに伴い、サプリメントや健康⾷品においてはこちらに該当するものを寄付いただけると助かります。(こちらに該当しないサプリメントや健康⾷品に関しては選⼿が摂取することはできません。)
該当商品には以下のようなマークがついております。


※この他にもアンチ・ドーピング認証プログラムはございます。ご不明な点は当ホームページお問い合わせ(http://ravens-kobe.com/?page_id=513)までお願いいたします。

また該当商品に関しましては、以下のURLをご参考ください。

https://sndj-web.jp/anti-doping/chapter3/informed-sport.php

https://sndj-web.jp/anti-doping/chapter3/informed-choice.php

https://sndj-web.jp/anti-doping/chapter3/bscg.php

(※上記URLは⼀般社団法⼈⽇本スポーツ栄養協会様より許可をいただいて転載しております。)

今後とも神⼾⼤学アメリカンフットボール部レイバンズへのご⽀援、ご声援の程何卒よろしくお願い申し上げます。

レーフェスの差し入れ御礼

レーフェスでは後援会、OG、保護者の方々など大変多くの方から差し入れをいただきました✩.*˚本当にありがとうございます!!新体制になったレーチアをこれからもよろしくお願いいたします!

【RAVENS CHEER FESTIVAL 2020】

皆様のおかげで無事に終演致しました!
日頃より応援してくださりありがとうございます。お越しくださった皆様、楽しんで頂けましたか?今後もより良いパフォーマンスができるようチア一同精進致します!

レーフェスブログリレー☆vol.12

【レーフェスブログリレー☆vol.12】
今回は4回生のゆい、ひかり、なつみです。
レーフェスブログリレーも今回で最後!ぜひご覧下さい
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
こんにちは、4回生の古里優衣です
振り返ると、私の大学生活はチア一色でした。そのために、他のことを犠牲にし、やりたいことが出来ないこともありました。しかし、それ以上に部活を通して得られたものの方が圧倒的に多く、心の底からチアに入って良かった!!!と思っています。
その1番の理由は、私のことを私以上に理解してくれて、何でも話せる同期ができたことです。大学でそのような友達ができるとは思っていませんでした。また、大勢の前で話すことが苦手だった私が、前に出て堂々としていられるようになったのも間違いなくチアのおかげです。副キャプテンとして部活を引っ張っていく中で、組織の運営についても学び、自分の仕事に責任を持つ力も身につきました。
書き出したらキリがありませんが、この4年間、数え切れないほど沢山の財産を得られました。大変なことも多々ありましたが、4年間チアをやり切れたことはこれから先絶対に私の励みになると思います!
さて、そんな私たち4回生の最後の舞台、レーフェス2020はいよいよ1週間後です!
私は今年度、監督を務めさせて頂いています。1年間、この公演のために部員全員で準備をしてきました!
入部から約4ヶ月しか経っていないとは思えないほどの成長を見せてくれた1回生、運営面でも進んで協力をしてくれ、公演をより良くするために回生の壁を超えて意見をくれる2回生、上回生としての高い意識を常に持って練習に挑んでくれる頼もしい3回生、そして私に監督を任せてくれた4回生、皆の協力あってのステージです。
昨年よりもパワーアップし、より楽しんでもらえるステージに仕上げてきたつもりです!是非楽しみにしていて下さい
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
こんにちは!2期生のひかりです
私はこの4年間チームのために試行錯誤を繰り返し頑張ってきました。出来たばかりのレーチアをもっと強くするためにはどうすればいいのか、もっといい応援をしてレイバンズの勝利に貢献するためにどうしたらいいのか。思い返せば毎日葛藤してきました。これは大学に入る前の自分では想像できなかったことです。なぜなら私はこれまで器械体操という個人競技をしており自分がいい順位をとるにはどうすればいいのかと自分のためだけに努力していたからです。自分以外の誰かのために努力できたこの4年間はとても素敵で貴重な時間だったと思います。
レーチアの礎を築いてくださった1期生の先輩方が引退した後、たくさんの不安がありました。それでもさらにレーチアをパワーアップさせるためにはどうすればいいのか、同期と何度も何度も話し合いを重ねていました。さあ頑張っていこうとしていた時に緊急事態宣言が発令され、約5ヶ月間もどかしい日々が続きました。一人で家で踊るのはこんなにも寂しく辛いんだなと感じました。そんな辛い日々を経験したからこそみんなと一緒に踊っているときは最高に楽しく幸せです。練習時間は例年よりも短かったですが、みんなと踊れる楽しさを改めて感じ、このレーフェスのために頑張ってきました。
このような状況の中、レーフェスを開催出来る事は当たり前の事ではありません。関わって下さっている方々にとても感謝しております。
そして少しでも皆様に恩返しできるように感謝の気持ちを込めて精一杯踊ります!
これが私たち二期の最後のステージでなので最後まで笑顔で会場にいる全員に元気とパワーを届けたいです
皆様と「レーチアワールドツアー」で一緒に楽しい時間を過ごせることを楽しみにしています
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
こんにちは!4回生最年長キャプテンこと三沢菜摘です
まずはここまでブログリレーを読んで下さりありがとうございます!あと少し、どうぞ最後までお付き合い下さい
私は中学生から応援チアを始めましたが、元々選手や周りの観客の人たちには興味がなく、自分がチアとして声を出して〇部というまとまりを応援できることが喜びでした。しかしRAVENSに所属するチアとしてチームメイトを応援するようになり、初めて団体ではなく選手一人ひとりに向けて声を出すようになりました。また、観客の方々とチアが心を一つにして届ける応援の力強さを知り、いつしか「チアが応援を先導し、その応援でチームを勝利に導くんだ」という想いを抱くようになりました。そしてその想いは「RAVENSを日本一にするために日本一の応援をする」というチアのスローガンにも繋がっていきました。4回生として最後にこのスローガンを体現できなかったこと、フィールドにさえ立てなかったことが今はとにかく悔しいです。しかしこのスローガンを後輩たちが引継ぎ、いつか必ず日本一の応援でRAVENSを日本一に導いてくれると信じています。
さて!遂に来週RAVENS CHEER FESTIVAL 2020が開催されます!わーい
苦渋の1年を過ごした私たちチアの様々な想いが詰まった、今年初にして唯一の大舞台です。また、この公演を境に私たち4回生は引退し、3回生を筆頭に新たなチームが動き出します。最高のフィナーレ、また最高のスタートとなるよう、チーム一丸となって極上のパフォーマンスを皆さまにお届けします!レーチアエネルギー全開の舞台をどうぞお楽しみに!

RAVENS CHEER FESTIVALにご来場の皆様へお願い

【レーフェスにご来場の皆様へのお願い】
コロナ禍での開催のため、以下の点、ご了承・ご協力お願い致します!
☆37.5度以上の発熱、
咳・偏頭痛・頭痛・鼻水・鼻づまり・倦怠感・味覚・嗅覚症状のある方、
陽性者との濃厚接触者、
過去2週間以内に入国制限・入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問者及び当該在住者との濃厚接触者
のご来場はお控えください
☆マスク着用、アルコール消毒の徹底
☆密を避けるため少人数でのご来館
☆差し入れなどはお控えください
また、今年はコロナ対策として全席指定席のため開場前のご来館はお控えください。
公演で感染者が発生した場合必要に応じて、保健所等の公的機関に来場者の情報が提供される場合があります。
皆様のご来場心よりお待ちしております!

2020年12月5日 第三節 関西大学試合結果

王子スタジアム 14:00 Kick off

得点経過

TEAM 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
神戸大学 0 7 3 0 10
関西大学 14 0 3 21 38

STARTING MEMBERS

Pos. No. Name Grd. Pos. No. Name Grd.
OL 71 三森 工己 3 DL 44 杉野 太郎 4
OL 77 堀本 流石 4 DL 4 吉田 大起 3
OL 72 原 龍一郎 3 DL 33 亀田 直希 3
OL 59 城島 健人 2 LB 2 那須 興起 4
OL 74 井ノ上 龍之介 2 LB 42 山本 将悟 4
TE 80 戸澤 雅大 3 LB 47 矢澤 暁人 3
RB 27 森分 優人 3 DB 17 垣渕 光陽 3
QB 6 法貴 俊哉 4 DB 24 平井 大成 3
WR 82 田中 慶太郎 3 DB 37 長渕 郁海 3
WR 88 安藤 隆将 4 DB 23 東野 諒太 3
WR 12 橋本 侑磨 2 DB 5 山元 耀 4
K 98 小林 真大 3 P 98 小林 真大 3

チーム記録

TEAM 神戸大学 関西大学
タッチダウン 1 5
PAT (1点)/回数-成功 1-1 5-5
PAT (2点)/回数-成功 0-0 0-0
FG/回数-成功 1-1 2-1
セイフティ 0 0
1stダウン(ラン-パス-反則) 10(5-3-2) 21(10-9-2)
パス/試投-成功-被Intercept-獲得ヤード 31-14-1-71 26-11-1-125
ラン/回数-獲得ヤード 30-19 34-179
攻撃/回数-獲得ヤード 61-90 60-304
反則/回数-喪失ヤード 7-37 3-32
ファンブル/回数-喪失回数 3-2 0-0
ボール所有時間 22:54 25:06
3rd Down Conversions 2/16 5/12
4th Down Conversions 2/2 0/0
得点経過
関西大 1Q-06:27 #38 大久保寿麿 4yds RUN (K-G #13 小川悠太)
関西大 1Q-11:09 #2 渡邊貴信→#18 桑田理介 13yds PASS (K-G #13 小川悠太)
神戸大 2Q-06:20 #6 法貴俊哉→#34 東瀬将毅 25yds PASS (K-G #98 小林真大)
神戸大 3Q-04:56 #98小林真大 30yds FG
関西大 3Q-10:41 #13 小川悠太 25yds FG
関西大 4Q-00:18 #1 前川真司 33yds RUN (K-G #13 小川悠太)
関西大 4Q-01:18 #51 青根奨太 15yds FUMBLE RETURN (K-G #13 小川悠太)
関西大 4Q-05:39 #2 渡邊貴信→#18 桑田理介 10yds PASS (K-G #13 小川悠太)

ただいまより、12/8 23:59までMIP投票を下記バナーより受け付けております。ご投票よろしくお願い致します。


前のページ | 次のページ